企画課スタッフ

活水女子大学 卒業

企画課スタッフ

長崎の大学を卒業後、県外で就職し社会人生活を送っていました。日々を過ごしながら、人の優しさだったり環境、食など、長崎にいる時は「普通のこと」だと思っていたことが、割と特別なこと…

インタビューを読む

企画課スタッフ

活水女子大学 卒業

企画課スタッフ
この職業に関心を持ったきっかけ

長崎の大学を卒業後、県外で就職し社会人生活を送っていました。日々を過ごしながら、人の優しさだったり環境、食など、長崎にいる時は「普通のこと」だと思っていたことが、割と特別なことだったのかもしれないと思い始め、自分は長崎が好きなのかもしれないなぁと気づきました。帰郷して職を探していた時に、まちづくりにかかわれるような仕事ができたらと考えオリエントに応募しました。

オリエントという会社に興味を持ったきっかけ

求職していた当時、オリエントアイエヌジーから様々な職種の募集がかかっていて、いろんな技術者がいるのだと思いました。まちづくりが出来るなんでもやさんのようなイメージをもって、こんな私でも雇ってもらえるのではなかろうかとすがるような思いで応募しました。

担当している業務内容

企画課に所属し、会社の広報業務や企画課業務の補助を行ったりしています。具体的には、パンフレットやHPの企画、データ整理や入力などです。
他にも、仕事とは別になるのですが、社長が立ち上げた一般社団法人+ing(プラスアイエヌジー)に所属して長崎の魅力を発信していく活動をしています。

この仕事のやりがいと面白み

微力ながらも町づくりに関われることです。いままで土木系の職に就いたことがなかったこともあり、入社して初めて知ることも多く、こんな仕事があるのだ!とまだまだ新鮮な気持ちで過ごしています。

例えばなんのために交通量調査をしているのか。特定の道をどれだけの人や車が通っているかを調べ、それをデータ化し比較することで、事故防止の観点等から道路拡幅、歩道をつくるべきかなどを検討します。

地道な調査やデータ整理が、より快適に安全に暮らせるような街づくりにつながります。

オリエントのここがいい!

50周年の記念として、社員それぞれが会社で実現したい公約を掲げた総選挙を行いました。上位当選したオリエン党員の公約「週休二日制」「社員旅行」を会社が本当に実現したことに驚きました。社外からみても大胆な社内改革だったようで、役所の方や同業者の方におもしろいことやってますねとよく言われます。
ぜひ50周年誌をチェックしてください。公約と立候補ポスターが掲載されています。

大好きな長崎名物

若竹丸の焼鯖寿司
炙ったレアな鯖に大根おろしとネギがのっていて、その上に醤油をちょろりとかけて食べます。とても美味しいのでこれを食べるためにたまに若竹にいきます。売り切れていることが多いです。

閉じる